早く給料日にならないかな…お金がほしいです。

今日、改めて調べた事・・・。

早いもので、もう6月です。「年の半分過ぎたなぁ。早いなぁ。」と感じながらカレンダーを見ていました。日本では、6月の呼び方を「水無月(みなずき)」と呼びます。

私は、不思議に思い、昔ならった覚えがあったのですが、思い出しにくかったので、インターネットで「水無月」の意味を調べました。

調べによると「水無月の「無」は、神無月の「な」と同じく「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という意味である。

陰暦六月は田に水を引く月であることから、水無月と言われるようになった。 旧暦の六月は梅雨が明けた時期になるため、新暦に当てはめて解釈するのは間違いで、水無月は「水の無い月」とするものもある。

」と書いてあり、改めてその文字を見たら思い出しました。そこで思ったのが、現在では、私の住んでいる地方では、5月の後半に「梅雨入り」の発表があったのに対して、「 旧暦の六月は梅雨が明けた時期になる」と書かれてあったので勉強になった。スララーナの効果と口コミ

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報